芸術家と僧侶の長寿

いろいろ長寿の研究が盛んです。私は職業でみると、芸術家
と僧侶は長生きではないかと考えています。この二つの職業
は直接の共通点は、あまりないように見えますので、その点
を考えてみます。

僧侶が長生きする理由は、早寝早起きの規則的生活
腹7分目の菜食主義、修行による精神の集中と安定
があげられると思います。

一方芸術家は、好きなことをやっているのでストレスが少ない
画家はとくに左脳より右脳を使っている、定年がなく高齢に
なっても活動を続ける があげられます。

この共通点を見出すならば、やりがいのある仕事に集中
して、日課として高齢になっても継続するということになる
でしょう。サラリーマンが定年後に生きがいをなくして急に
老け込むというのはよくあるケースです。一方財界トップ
で70..80才になっても現役の人たちは、健康です。

やりがいのある仕事(生きがい)とその継続が長寿に
関係ありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>